辰野町 美術館

>
展覧会・イベント

辰野町行政サイト

終了しました

 ー「暮らしの足元」を見つめるー

時のこども展 

 会期:2021年(令和3年)10月23日(土)~ 11月28日(日)

主催:辰野美術館・一般社団法人◯と編集社 展示協力:セイコーエプソン株式会社

「いつか」のこどもたちに、私たちはなにを残せるだろう。

昨年「目的のない旅展」を開催した当館で、

今年はカメラマンや旅人、ライターと作り上げる暮らしの足元「時のこども展」を開催します。
今回のテーマは、「他人の声に、鼓動に、耳をすましてみる」ということ。

カメラマンや旅人・ライターと作り上げた写真・映像やイラストをメインに展示。またパネル展示だけでなく、EPSON社の協力によるプロジェクター投影も加わり、新たな展示空間を体感できます。

過去・いま・未来、いつかの、どこかの、こどもたちのことを想像するとき、世界はきっと少しずつ変わっていく。

それぞれの地域、それぞれの場所で、「今」を生きるこどもたちの足元をじっと見つめる。

その姿を写真やイラスト、ことばに変えていく。

特設ページ https://tokinokodomo.studio.site/

 

 

 ※「時のこども展」会期中は仮面土偶など出土品以外

  常設展示はご覧いただけません。ご了承ください。

 

皆さんの「子供の頃の記憶」随時募集中です!詳細↓

https://inadani-feel.com/journal/1549?fbclid=IwAR0C-K1sM1F23A6eGnUZ2KQ_FW-rsR2YEZU0CJbogRf-hX6sWCKuHytwLL4

 

 

 

 終了しました 生誕110年 中村七十展」

7月31日(土)~ 9月12日(日)

開館時間:9:0016:30(受付終了:16:00休館日:毎週月曜日(8/9除く)、8/10(火)

入館料:大人300/高校生以下無料(20名以上の団体は100円引き)

 

平出出身の彫刻家・中村七十の生誕110年と没後80年を記念する回顧展。

常設展示作品のほか、貴重な素描やおそらく初公開となる作品、

また彫刻家の父・中村董斎との合作など30点以上を展示。

 

展示作品リスト(116KB)
 

 

終了しました 荒川由貴展 ー華麗なる勝負師の物語―

6月5日(土)~ 7月18日(日)

将棋を愛好し多くの棋士と交流がある日本画家・荒川由貴の作品展。
近年取り組んでいる「将棋シリーズ」の総括的な内容で、60点余を展示。
会期中は佐藤天彦九段とのトークショーやワークショップなどイベントも予定しています。

 

 

 

 

終了しました藤﨑千雲 水墨画・墨彩画の世界展 

 会期:2021年(令和3年)3月20日(土)~ 5月9日(日)

 

辰野町小横川出身の水墨画家である藤﨑千雲(ふじさきせんうん)の、

21年ぶりの故郷での展覧会。作品100点以上を展示。